激化するキャッシュレス化・電子マネーや新しい支払い手段に注目!

キャッシュレス戦争・お金の図書館(おかねのニュースまとめ)

未分類

キャッシュレスと調理なしのシステムを取り入れるロイヤルホスト馬喰町店に注目!

投稿日:

「現金お断り」のロイヤルホストが馬喰町に誕生

外食チェーン企業として大手のロイヤルHDは、常にユニークな取り組みをしていて、先進的なサービスを取り入れるという評判があります。そんな中、馬喰町に「現金お断り」というロイヤルホストをオープンさせました。代金はすべて電子マネーかクレジットカードでの支払いとなり、現金での支払いは受け付けていないのです。電子マネーでの決済は楽天ペイのシステムを導入していて、QRコードやバーコードをスマホにかざすことによって決済ができるようになっています。楽天Edyでの支払いも可能となっていて、楽天ユーザーがポイントなどを使って料金を支払うことができるというメリットがあります。

店舗での調理なしの実現に向けて調理システムを大幅改善しているのも特徴

この馬喰町のロイヤルホストでは、決済におけるキャッシュレス化だけでなく、調理システムにも大きな改善を行っています。今までは店舗での調理工程が多かったのですが、それをできるだけカットして、店舗で調理なしとできるように取り組んでいます。工場での食材加工を行い、店舗では加熱だけで済むように工夫しています。こうすることによって、店舗のスペースを小さくすることができますし、調理スタッフがいなくなりますので人件費をかなり浮かせることになります。さらに、衛生環境が整った工場での調理を徹底することによって、食品の衛生にも最大限の配慮を払えるようになり、食中毒などのリスクを最小限に抑えられるというのも、企業にとっては大きな魅力となります。

スタッフの負担軽減にもなり人員不足を解消できる

ロイヤルホストでは、同時にオーダーの完全自動化などを新店舗に導入していて、より利便性の高いファミリーレストランを作ることを目指しています。こうした取り組みは、お客さんだけでなく働くスタッフにも大きなメリットを生みます。より業務がシンプルになりますので、小さなマニュアルを読んで研修を受ければすぐに実際の業務に取り組むことができるようになります。負担が減ることで、バイト希望者の数も増えることになりますので、人員不足を解消することにもつながります。自動化やキャッシュレス化によってさらに一店舗で働くスタッフの数が減りますので、無理なシフト構成や難しい人員確保のストレスを軽減できるというのはお店にとってプラス材料となります。このように、ロイヤルホスト馬喰町店は、新しいファミリーレストランの運営方法として注目を集めています。

-未分類

Copyright© キャッシュレス戦争・お金の図書館(おかねのニュースまとめ) , 2018 All Rights Reserved.