激化するキャッシュレス化・電子マネーや新しい支払い手段に注目!

キャッシュレス戦争・お金の図書館(おかねのニュースまとめ)

未分類

クレジットカードと連動する便利すぎのApplePayの使い方と対応端末

投稿日:

ApplePayの仕組みの基本

ApplePayは、iPhoneをいわゆるおサイフケータイとして使えるサービスで、iPhoneをかざすだけで決済ができるというキャッシュレス返済の一つです。基本的な構造としては、ソニーのFelicaが端末に内蔵されていて、そのICチップを読み込む形で決済がなされます。そのため、基本的な使い方は従来の日本で使用されてきたおサイフケータイと同じ方法となります。

クレジットカードと連動させてすぐに使えるのが便利すぎ

ApplePayを使うためにはまずクレジットカードを登録する必要があります。アプリの中で所有しているクレジットカード情報を入れるだけですぐに登録できますので、とても始めるのが楽です。クレジットカードによって使えるサービスが変わってくることもありますし、有効期限が切れてしまうと何も使えなくなってしまいますので、複数のクレジットカードを登録しておくことをおすすめします。登録さえしてしまえば、あとはSUICAでも普通のショッピングでも、ApplePay対応のところならどこまでもiPhoneをかざすだけで支払えますので便利すぎです。

対応端末はiPhone7から

ApplePayに対応している端末はiPhone7以降となっています。基本的な仕組みはどのシリーズでも一緒ですので、クレジットカードを登録すれば簡単に使えるようになります。WiFiがなくても通信電波がなくてもApplePayはICチップによって動作しますので、問題なく使えます。SUICAのチャージなどもできますので、iPhoneさえあればいろいろな支払い用のカードを持たなくて済むのがうれしいところです。使い方はどのサービスでもとても簡単で、アプリを表示することなくスマホを端末の上に乗せれば自動的に決済をしてくれます。

ApplePayを利用するメリットは大きい

ApplePayを使うことで、ポイントが還元されますのでよりお得に日常のサービスの支払いができるようになります。また、ApplePayは世界中で対応端末さえあれば利用可能ですので、海外旅行や出張に行った時などに利用できるという大きなメリットがあります。他のおサイフケータイだと、日本国内だけの利用というケースが多いですが、ApplePayなら面倒な手続きもなく世界中で使えるという利点があるのです。また、電車だけでなく飛行機のチケット購入やチェックインにも使えるため、利用範囲が広いというのもうれしいところです。

-未分類

Copyright© キャッシュレス戦争・お金の図書館(おかねのニュースまとめ) , 2018 All Rights Reserved.